【高校受験に備えよう】最強の英文法・単語学習教材はこれだ!

今回は中学生に向けて、文法固めと単語の勉強にオススメの教材をご紹介します。

私が今まで実際に使ってみて良かった教材、そして今まさに使っている教材たちでもあります。

普段の学校の勉強のカバーにも、受験にも使える教材となっているので、参考にしてみてくださいね。

《単語》

昇級・昇段式英単語トレーニング1400(日本教材出版)

この単語帳にはは中学1年生から中学3年生の単語が幅広く載っており、語彙力アップに最適な教材です。級や段が設けられているので、基礎単語から公立高校、中堅私立高校受験をカバーできる高難易度の単語もレベル別に掲載されています。中学生はこの一冊さえ持っていれば単語は問題ありません!

  • 日本教材出版の詳細はコチラ
  • Amazonのリンクはコチラ(リンクが切れている場合は、Amazon等で直接検索をして下さい)

《問題集》

■基礎固めをしたい人/偏差値~56程度の高校を受験する人にオススメ

Winpass 英語 1年~3年(日本教材出版)

Winpassは塾や学校が副教材として扱っていることも多いテキストです。しっかりと分かりやすい解説ページがあり、基本問題から応用、発展問題、更に長文読解もついているという演習問題の多さも特徴です。演習問題はレベル別になっているので、一つ一つ段階を踏みながら演習をしていくことができます。学校の教科書やワークでは補えない 演習を補えるテキストとなっています。

  • 日本教材出版の詳細はコチラ
  • Amazonのリンクはコチラ(リンクが切れている場合は、Amazonで直接検索をして下さい)*リンクは中3のものになっています。

■応用力を付けたい人/偏差値58~の高校を受験する人にオススメ

新中学問題集 標準編 英語1~3年(日本教材出版)

適度な説明があり、演習がとても多いので様々な問題を解き、慣れと知識の定着を図ることができます。演習は基礎から発展、そして長文読解まで幅広い演習問題が載っており、動詞変形などの単語表も細かく記載されています。標準編でもレベルはやや高めなので、この1冊をしっかりと解ききることができるようになれば、学校の勉強のカバーはもちろん、受験の際の文法事項の対策も十分でしょう。

■難関私立高校を目指す人にオススメ

新中学問題集 発展編 英語1~3年(日本教材出版)

新中学問題集の発展編です。こちらも先ほどの標準編同様、 演習が多く、様々な問題を解き、慣れと知識の定着、そして応用力の向上を図ることができます。基礎問題から発展問題までレベル別に演習問題がありますが、難関高校の過去問も多く出題されています。また、語彙事項や文法、暗記事項なども細かく且つ難易度が高いものも沢山出てくるので、全ての分野でバランスよく応用力をつけることの出来る教材です。

因みに、問題集は最新のものでなくても3,4年前くらいのものであったら大丈夫です。Amazonやメルカリ等で売っている中古のものを買っても良いと思います。

関連記事

  1. 子どもの頃から英会話を習わせる必要がない理由

  2. 何故、”勉強は嫌なもの”なのか

  3. EFL英語塾と無料塾の違い

  4. 日本人が英語を話せないワケ

  5. 学歴だけで人間の価値を決められてたまるか

  6. 英検にはこの3冊があれば最強!英検おすすめ教材

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。