日本人が英語を話せないワケ

本日はタイトルにもあるように日本人がなぜ英語話せないのか?について。

塾講師をやっていた際、高校受験や大学受験に向けての英文法を生徒に教えていました。

また、並行して塾の傘下である英会話教室でネイティヴ講師と共に、日本人講師として子どもたちに英会話を教えていました。

どちらも教えることには変わりはないのですが、教える内容や教え方は180度違います。

たまに英文法と英会話のスイッチの切り替えがうまく出来ない時も…

正直にお話すると、”塾”という教育機関で英文法を教え始めた時はたくさんの葛藤がありました。

なぜかと言うと、実際に使えない英語を教えてるけど、偏差値の為、受験の為にはこのやり方しかない。

そして、英文法を教えれば教えるほど、私自身も文法が気になりすぎてしまい、英語を話す能力がどんどん低くなっていくように感じたからです。

では、なぜ日本人は英語が話せないのか?私なりに感じたことをお話します。

日本で学校や予備校が教える英文法は、あくまでも”日本の英語”です。

それがどのようなものかというと、”日本語でマニュアル化された英語を学ぶ”ということです。

帰国子女を除く、予備校や塾で大学受験の勉強をしている生徒は、英文を見ると日本語を思い浮かべると思います。

日本語を思い浮かべるというのは、日本語訳はもちろん、英文法を日本語で思い浮かべながら考える、ということです。

例えばこの文章

Japanese government has decided to agree with a new commercial treaty which makes economic situation in this country better.

これを理解する際、帰国子女や留学生は、日本語を思い浮かべなくても、英文法が分からなくても読むことができます。

逆に受験生だと、”decideの後は不定詞の名詞的用法だな” とか ”whichと先行詞があるから関係代名詞の主格だな” とか ”ここからここまでがSでここがVだから…”なんてことを考えながら日本語にしていくと思います。

英語を学ぶために、不定詞やら関係代名詞やら仮定法やら…たくさんの日本語が出てくるのです。

このように、日本で英語を学ぶためには新たな日本語を覚えなければなりません

英語が苦手な受験生や理系の生徒に良く見られる状況が、意訳ができないということです。

こんなこと言われても!これ辞書には書いてなかった!なんてこともしばしば。

なぜなら、単語を覚えるにも、日本語を通して覚える。

辞書でも「この単語=日本語ではこう!」と断言してしまっているので、それ以外の解釈が出来ない。

私たちが学校で学んでいる英語は、日本人がこれだ!と定めた英語です。

このように英語=日本語で考えるから話せないのです。

英語には日本語にない表現もたくさんあります。

「どの言語に限らず、他の言語を別の言語に置き換える」ということは出来ないのです。

英語は英語でしか理解が出来ないし、日本語は日本語でしか理解が出来ません。

本当にその言語を学びたかったら、その国の人々の文化背景や習慣や習性をしっかりと感じ取る必要があります。

しかし、このように日本の英語教育において、マニュアル化されることはしょうがなく思います。

約1億2千万人いる日本人全員にそれぞれ合ったやり方で英語を教えることも、全員が留学に行くことも、全員が英語ネイティヴと触れ合うことも、それを教育機関が強制することも不可能です。

そして、全員が英語を学びたい!という訳でもありませんし、話さなくても充分生きていけます。

英語という教科を今後の人生に生かすツールとして使いたい人、英語という言語を使いたい人、それぞれだと思います。

一番の原因は、日本には、文法が気になりすぎてしまったり、間違いを執拗に指摘されたり、間違えたら恥ずかしい、良くないという雰囲気があることです。

日本の英語教育で、生徒が英会話に対してどうしても億劫になってしまう環境を作り出してしまっていること。

本当は良いとか悪いとか関係ない!そんなの無い!

丸もバツもなければ、偏差値もない!

その恐怖心や羞恥心を取り除くということ!Don’ be shy! Be confident! Be yourself!が大切です。

極論ですが、英語だろうがなんだろうが、伝わればいいのです。

伝えるために、一生懸命、必死になってください。

そしてその言語を、日本語を介さず、その言語のまま感じてみてください。

すると、少しずつ、だんだん、分かってくるのです。

不思議ですよね、でも私自身がそうでした。

そう言ったアウトプットの環境を教育機関でしっかりと作ることが大切なのではないかと思います。

日本人の国民性もあるので、なかなか難しい課題でもあると思いますが…

先ほど英文法を教えることに葛藤はあると言いましたが、英文法を教えることは大好きです。

ここで少し受験勉強について思っていることを書かせていただきます。

(飽くまでも今まで経験したなかでの個人の主観です。)

受験では、英語は”言語”としてではなく”教科”に分類されます。

受験勉強は、限られた時間の中で、与えられた教科を一生懸命勉強をします。

勉強は孤独です。苦しみでもあります。

しかし、その勉強は決して無駄ではありません。

それが得意教科であっても、不得意教科であっても、その中で苦しみ、もがきながらも目標に向かって自分を節制し、前を向きながら一生懸命頑張る姿勢を身に着けるものだと思っています。

こんなのどこで使うの?将来必要なの?という声もちらほら聞きます。

そして私は決まって、「絶対に必要です!」と答えます。

教科関係なく、そこで身に着けた姿勢や経験・知識は後々の人生で生きてくるのです。

学ぶということは私たちに新しい世界を見せてくれますから。

一生懸命勉強して受かった人、一生懸命やったけど受からなかった人。

でも、その姿勢を身に着けられたらそれでいいのではないかと思います。

私は、自分自身が”英語”という教育を与えることによって、生徒の未来への可能性が広がるということが心からの喜びなのです。

生徒の出来た!分かった!出来ない!何でこうなるの!?全てに可能性が詰まっています。

そんな方々の手助けを今後もできたらいいな。

最後は少しずれてしまいましたが、以上!

関連記事

  1. 明けましておめでとうございます

  2. オンライン英語質問会を行いました

  3. 病みつきな人間

  4. 勉強を見てもらう=成績が上がるではない

  5. 学歴だけで人間の価値を決められてたまるか

  6. 私が無料塾をやるワケ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。